前へ
次へ

虐待は家庭内における教育問題です

家庭での教育問題として、悪い意味で最近脚光を浴びているのは虐待です。
父親や母親による信じられない暴力やしうちで命を落としたり、大怪我をおったりする子ども達がいます。
児童相談所が管轄の役所ですが、具体的には子どもが通う保育所や幼稚園、小学校がよく観察していなければなりません。
そして、体にあざや傷などがあれば、直ちに通報することが義務付けられています。
児童相談所の措置には、子どもや親のことを真剣に考えていて、適切な処置をして頂けるところもあります。
しかし、これはどうなのかなと疑ってします措置もあることがあります。
これからの児童相談所は、もっとプロ意識を持つことと、専門家の配置をすること、親に対する指導の権限を高めることなどが大切です。
変革されて良い方向へ進むことを祈るばかりです。
教育問題の中では、最も悲しい問題です。
この少子化の時代にあって、国の未来を支える子ども達にまともな明日を迎えさせることができなければ、それは大人みんなの責任です。

Page Top