前へ
次へ

特別支援対応は、教育問題の大きな案件です

普通教室に通う困り感のある児童の存在率は、年々高まっています。
特別支援教育をいかに進めるかというのは、大きな教育問題です。
多くの場合は、知的な問題か情緒の問題です。
理想としては、教育問題があると疑わしい場合には、親が率先して児童相談所の巡回診断や特別支援教育センターの診断、心療内科等の診断などを受けて、正しい対策をとることが大切です。
しかし、そこに対して障害となるのが保護者の思いです。
保護者は、自分のお子さんを健常児であると最後まで信じ育てたいと願っています。
親として当然の思いです。
現実を突きつけられることに恐ろしさや不満もあり、自らの受診をするには大きなハードルがあります。
このような状況を打破し、子どもの将来を考えた早めの手立てが必要です。
特別支援学級への措置換えか、特別支援補助員の配置による経過措置などです。
学校のコーディネーターやスクールカウンセラー、福祉課の発達支援センター等による助言やアドバイス、関係機関の紹介などが、きっかけとして存在します。

Page Top