前へ
次へ

産業革命の時代と変わらない教育、教育問題とは

産業革命時代の求める人材は、人材を機械の様な人材と見なし、流れ作業の工場などでロボットの様に働く人材育成が教育として取り入れられていました。
現在の日本の教育も、産業革命時代の人材育成と発想が変わらず、現在の教育問題として問題視されています。
学校の評価としては、与えた知識をどれだけ身につけているか、知識を暗記しているかの評価であり、指導者が持つ価値観と同じ価値を持つ姿に対しても評価を与える傾向もあります。
指導者が持つ知識を与える一方が強いため、子供の自主性が表れにくく、教育問題として、与えられなければ行動が取れない子供になりかねません。
産業革命時代は、与えられた仕事内容を、ルーチンワークの様に淡々とこなしておけば良かったでしょう。
覚えた知識を使って、仕事が行える内容でもあったはずです。
現在は、社会変化も激しく、覚えた知識が通用しない場合もあり、自ら考えて自らが行う仕事形態に変化を与えていかなければなりません。
教育問題として、自主的に考える力が不可欠であり、その力を社会が強く求めています。

Page Top