前へ
次へ

価値観の多様化が引き起こす教育問題

現在は従来に比べると、価値観の多様化が社会的に受け入れられている時代でもあり、価値観の多様化が教育問題として取り挙げられています。
価値観の多様化による価値観を持っているのは、子供自身ではなく、子供を育てる親にあります。
親が教育機関に求める教育内容にも、教育方針に多様化が見られます。
例えば、社会人として、対応できる大人になってもらうために、教育機関に対して、ある程度の厳しいしつけを求める親もいれば、少しでも子供が傷つく内容に否定的であり、教育機関は、知識さえ与えていれば十分だと考える親もいるのです。
教育問題として、教育方針に対する価値観が多様化している現代は、学校の特徴としての多様化も必要かもしれません。
高校においては、ある程度、個人の意思で学校選べる環境にありますが、公立の小中学校においては、地域に住む決められた教育機関を選択しなければならないでしょう。
この環境を緩和し、公立においても私立の様に、選択肢の幅を広げていくのも大切な内容でもあるはずです。

Page Top