前へ
次へ

教育問題での改革、文系の教育が見直される

従来までの日本の教育のあり方は、文系よりも理系に力を入れる教育内容でもありました。
極端な話、文系の教育は、生産性が低く教育として取り入れる必要性が無いと発言していた学者もいたのです。
現代、その考えが改め始め、今までの教育内容に対して、教育問題としての提言がなされ始めています。
その主な理由は、理系よりの多くは、AIに変わる可能性があり、人にしか出来ない文系よりの価値が高まる可能性が考えられるためです。
今までの理系ばかりに力を入れる教育内容は、教育問題として、個性豊かな感性を養う力を疎かにしてしまいます。
日本国が、グローバル社会で生き残るためには、個性豊かな発想力、人の心に響くようサービスを考えていかなければなりません。
そもそも、日本が海外から高く評価を受けている内容の中には、日本の文化的な価値観などもあるでしょう。
この教育問題において、文系よりの学問に力を入れたならば、日本の文化の力が高まり、日本の国に大きな花を咲かせられる時代が訪れるかもしれません。

Page Top