前へ
次へ

教育問題の課題、集団と個性、どちらを大切に

教育問題の難しい課題として、集団と個性、どちらを重視して教育方針として取り入れるかの問題があります。
集団を重視する教育の考え方は、軍隊を作る教育と似たような教育方針であり、様々な知識や価値観を共有し、社会全体の安定に力を入れる教育方針です。
個性を重視する教育方針は、各々の価値や考え方を尊重し、お互い違った価値を認め合う教育方針になります。
後者の方は、人としての人権を認める望ましい様にも見えますが、各々の主張が現れやすく、対立や分裂しやすい社会組織になる可能性があります。
教育問題としての、この難しい課題は、人の価値観の違いもあり、全ての人が受け入れる絶対的な答えとして見出しにくい問題でもあるのです。
この教育問題は、経済活動を行っている企業にも繋がる話であり、集団の和を乱さない人材を求める気持ちもあれば、競合となる企業よりも一歩リードするための個性溢れる発想力を求める場合もあるでしょう。
自然界はバランスで成り立っているため、集団と個性、バランス感覚のある教育方針を取り入れれば、この教育問題は解決されるかも知れません。

Page Top