前へ
次へ

教育問題としての助成金

教育は常にスムーズにいくことがない場合があります。
つまりは様々な教育問題というのに世間とか学校というのは常に抱えていると言っても過言ではないわけです。
その一つが学費です。
学費というのは基本的にタダにするべきだというような意識とかあるいは意見がそれなりに世の中にはあったりします。
大学の費用とかもそうですが高校くらいは授業料を無料にするべきであるというような考え方があるわけです。
しかし、私立もそうするべきであるのか、というのはなかなか難しい問題であるといえます。
市立と私立では根本的にどこがやっているのかということが明確に違うわけで、わざわざ私立にいった人たちまで救済するべきであるのか、助成金を出すべきであるのかというようなことがあるわけです。
どのくらいの助成金を出すべきか、というのはどの国でもよく起きる教育問題になります。
フランスなどは基本的に殆ど無料ですし、入学も簡単にできるようになっていたりします。

Page Top