前へ
次へ

教育問題の地域格差、見えにくい、その内容とは

教育問題の中には、地域格差によって生じる、子供に対して与える影響の格差の問題があります。
東京などの都市などと地方を比べれば、賃金の差があり、子供にかけるお金の違いがあるでしょう。
塾に通う必要性は、人口が多い地域ほど塾に通う子供も多く、その姿を見れば、塾の必要性に対する価値も高まりやすくなるはずです。
人口が多い地域は、様々な仕事内容が数多くありますが、人口が少ない地域は、仕事の数も少なくあるでしょう。
教育問題として、子供が抱く大人への憧れの幅も違い、子供が抱く教育への熱意にも違いが現れるはずです。
この結果、都会と地域での学力の差も現れやすく、都会と地域の経済力の差としても繋がってしまいます。
これは悪循環を生み、給料の格差が更に広がり、子供の教育も悪い結果を与えてしまいかねません。
自冶体によっても、教育に対する力の入れ方に違いがあり、自冶体の違いによって地域格差が生じる教育問題も存在します。
地方の経済力の低下は、経済力のある都心への人口移動も起きやすく、地方の過疎化の問題としての影響による因果関係などもあるでしょう。

Page Top